Make your own free website on Tripod.com


====================


1988年3月15日

<読みかえ>文化



  古田武彦という歴史学者がいる。日本の古代史が専門だ。元高校教師で、どこかの大学で歴史を専攻し、のちに研究室に残り、助手、助教授、教授と、研究一筋にやってきた、という経歴の持ち主ではない。

  日本の国家の起源を探る古代史研究は−文献上は−ほとんど、中国に残されている「三国志」(写本数種)の中の<魏志・東夷伝・倭人の条>−魏志倭人伝−の解読に絞られて行われている。だが、<倭人伝>には、少し誇張して言えば、研究者の数だけ読み方があって、その膨大な研究論文の数にもかかわらず、解読に定説はないに等しいようだ。
  <そうなったのは何故か>と古田氏は考えた。


「三国志」の写本の一つ
(From:http://www.ten-f.com/yamataikoku.html)

  <倭人伝>は、群がる研究者の手で、あまりにも無残に“ご都合主義”的に切り刻まれ、解釈され、意味を変えつづけられてきた。日本の古代史研究者たちが普通に用いてきた最も有用な読解法は、<倭人伝>の解釈に苦しむ個所、自分の推論に適合しない個所は、“中国人が間違えたもの”として処理する、というものだった。<倭人伝>にたとえば“西”と書いてあっても、自分の説にとって都合が悪ければ平気で“これは、日本を訪れた中国人たちが聞き間違えたか書き写し損なったもの”などと見なし、たとえば“これは北の誤り”と決めつけきたのだ。
  江戸時代以来、こういう“読みかえ”が古代史研究者たちの常識となっていた。

  古田氏は、もし、“西”と“北”が取り違えられていると思ったら、その可能性を検討するために<倭人伝>を含む<魏志>全体に視野を広げ、ほかにも同じ“西〜北”の混同、取り違えがあるかどうかを確認すべきではないか、と考えた。古代文書が書かれ、残され、書き写されているあいだに、間違いが生じる可能性や、偽物が紛れ込む恐れはおおいにあるが、“西〜北”の間違いと決めつけるには、それなりの“証拠”が必要なはずだ、というわけだ。

  古田氏の「邪馬台国はなかった」という本が刊行されたのは1970年だったと記憶している。この本の中で古田氏はまず、古代日本のどこかに存在したとされ、一般に“邪馬台国(ヤマタイコク、ヤマダイコク)”と呼ばれている国の名に疑問を抱いた。<魏志>を含む「三国志」(古代中国の魏、呉、蜀の正史)の最も信頼できる写本には実は“邪馬台国(ヤマタイコク”ではなく“邪馬壹国(ヤマイチコク)”と書かれていたからだった。“壹”は“壱”であり“一”の古文字。“台”の古文字である“臺”と“壹”はたしかに字面は似ているが、文字の国である中国の“正史”の写本の中で間違えて気づかないほど似てはいない、と古田氏は見た。

  だが、と古田氏は考えた。日本でこのように“邪馬台(臺)国”の呼称が定着しているからには<魏志>のほかの個所でも中国人は“壹”と“臺”とを取り違えているかもしれない。
  親鸞の研究では実績があったものの、古代史ではまだ素人だった古田氏はそれから−まったく気が遠くなるような話だが−<魏志>の中のすべての“壹”と“臺”の文字を探し出し、それぞれの意味などを確認しながら、両者に混同がないかどうかを調査した。
  結果はどうだったか。−混同はただの一つも見つからなかった。

  日本の古代史学界はいったい何をもって“邪馬台(臺)国”と呼ぶことにしたのだろう。

  客観的な方法で確認されるまでは、自分に都合のいい、勝手な読みかえはしない、というあまりに平凡な方法論と信条を守り通すために、古田氏は史料の探査と研究に多大の時間を割いている。
  古代史学会では“異端者”である古田氏の史実を求める孤独な戦いはいまもつづいている。

  まさかこの学会に倣ったのでもあるまいが、外国と“条約”“協定”などを結ぶと、日本政府の解釈は何故かいつも、相手国のものとは異なってしまう。国内向けの“読みかえ”で国民を騙しているとまでは言わないが、真摯さに欠けるという印象を抱かせられることが少なくない。

------------------------------

 〜ホームページに戻る〜