Make your own free website on Tripod.com


====================


1988年5月26日

米ソ比較図表



  二十五日の<USAトゥデイ>紙におもしろい米ソ比較図表が掲載されていた。
  
  同紙の説明はこうだ。
  レーガン大統領がモスクワに着いてから見るものは、変わりつつあるソ連。国民は編集者に批判の手紙を寄せるし、テレビで初めてマイケル・ジャクソンを見てもいる、といった具合だ。ソ連の日常生活がどうか、米国と比較してみよう。
  1)少ない給料  教師の平均給与 ソ連:三三八〇ドル 米国:三〇五五九ドル
  2)多い農民・少ない食料  農業労働力 ソ連:人口の二二% 米国:同三%
  3)五年待ちの新車  クルマの数 ソ連:一一七〇万台 米国:一億三二〇〇万台
  4)ソ連は穀物・消費材を輸入、武器・石油・キャニアを輸出  貿易総額(ソ連:輸入八〇五億ドル 輸出九一七億ドル 米国:輸入一兆四〇〇〇億ドル 輸出一兆三〇〇〇億ドル
  5)少ないコメディー、多いモスクワ・ニュース  テレビの台数 ソ連:一億〇一〇〇万台(カラー三八%) 米国:一億四三〇〇万台(カラー八八%)
  6)ソ連にはシリコンヴァレーはない  ソ連の主要製品は技術産品ではなく、鉄鋼、クルマ、セメント、紙といった産業製品。米国との顕著な違いは、米国のほうが多くの食料品・飲料品を生産していること
  7)病院のベッド数が多い  ソ連では米国より長く患者を入院させておくので、ベッド数も米国より多い 人口千人当たりのベッド数 ソ連:一二九台 米国:五〇・八台
  8)電話の全国ネットワークがない  電話の数 ソ連:二九〇〇万台 米国:一億八二六〇万台
  9)少ないぜいたく品  耐久消費材の普及率 洗濯機 ソ連:五五% 米国:七三% 冷蔵庫 ソ連:九四% 米国一〇〇%
  10)国土の広さ  ソ連:東西六〇〇〇マイル 南北三二〇〇マイル 米国:東西二八〇七マイル 南北一五九八マイル

  ベッド数についての解説がおかしい。「ソ連では米国より長く患者を入院させておくので」というのは事実なのだろうが、その原因・理由をはっきりとさせていないところがいかにも、負けず嫌いの米国の新聞らしい。社会保障の普及度、入院費用の高低、医療技術の上下などの様々な要因は、勝手に読者が考えなさい、といった扱いだ。数字の上で米国が劣っているのはこれだけだった。

  二十九日からモスクワでレーガン大統領とゴルバチョフ・ソ連共産党書記長の四回目の日米首脳会談が始まる。今回の会談でのソ連側の目標は「米ソ関係を後戻りできないところまで決定的に転換し、米国の次期政権とのかけ橋を築くことだ」(ソ連のアルバトフ米国カナダ研究所長談−朝日新聞)という。そのために是非とも進展させたいのが戦略核兵器の五〇%削減交渉だ。「ソ連としては、実務レベルでの交渉で浮かんできた障害を、首脳会談における政治判断で解決し、最終合意への道を切り開いていく考えだ」(同)。

  ソ連科学アカデミー社会科学研究所が行った世論調査によると、ソ連人の六七%は現在の米紙関係に「満足」し、八・三%が「良い」と思っている。「悪い」としたのは六%だけだった。

------------------------------

 〜ホームページに戻る〜